オーストラリアに生息する毒クラゲ『イルカンジクラゲ』が危険すぎる!

イルカンジクラゲ

オーストラリアには危険な有毒生物が多くいるが、その中でも群を抜いて危険なのが、この『イルカンジクラゲ』だ

イルカンジクラゲは別名「インビジブル・サイレント・キラー(見えない静かな殺し屋)」と言われており、海の中では目で確認することはほぼ不可能
なぜなら、大きさが小指の爪程度の大きさしかないからだ
※体長は約1~2cm、触手は50cm、長いもので1m

イルカンジクラゲ

この小さく透明なクラゲは、有名な毒蛇として知られるコブラの100倍もの強さの毒を持っていて、知らない間に刺されてしまう事故が多発している
刺されてもさほど痛みがなく、気づいたときには神経が麻痺、そのまま溺死してしまうそうだ

刺された時の症状は30分ほどで激痛と激しい炎症、更に異常な血圧上昇が起こり、最悪の場合には脳内出血を発症して死亡する
※イルカンジ症候群と名付けられている

ただ、1箇所さされた程度ではまず命に別状がないと言われているので、異変を感じたらすぐに海から出て病院に行けば問題はないそうだ
地元ではかなりの人数が病院に搬送されており、対処がすぐにできるように整えられているとのこと

オーストラリアで危険なクラゲが発生するビーチには、クラゲ避けのネットが置かれているので必ず中で泳ぐようにしよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です