【閲覧注意】エベレストに残された回収不能な遺体写真

エベレスト 遺体

引用元:カラパイア

ヒマラヤ山脈にある世界最高峰の山、エベレスト。
ここには回収不可能とされるたくさんの遺体が眠っている。

1953年以来、エベレストで死亡した人の数は216人と言われており、150人の遺体は未だ凍結された状態のまま放置されている。
標高8000メートル級の高山では遺体は腐敗しない。西洋人は遺体の回収にそれほどこだわらないためか、エベレストの山頂付近には、遺体が放置された状態のままで、それがランドマークになっているそうだ。

エベレスト 遺体

登山者は、ちょっと仮眠したために、二度と目覚めなくなることが多い。
エベレストの頂上に登るのに、2万5000ドルから6万ドル(300万円~723万円)かかると言われている。ときに命がその代償になることもある。

エベレスト 遺体

エベレスト登山でもっともきついのは、たくさんの骸が眠る墓場を通り過ぎなくてはならないことだと多くのクライマーが言っている。
極端な気候条件のため、いまだに50年以上経過した朽ち果てた遺体が、発見されることがある。

1・ジョージ・マロリー(死因:滑落死)
エベレスト 遺体
ジョージ・マロリーはエベレストの初登頂を目指したひとり。彼の遺体はずっと見つからず、1999年に初めて確認された。1924年に登頂し、下山途中で亡くなったとされている。滑落による頭部損傷が死因とみられているが、彼が本当に登頂に成功したのか、人類初登頂を成し遂げたのかどうかは多くの論争を呼び、研究もされている。

2・フランシス・アステンティエフ(死因:低体温症、脳浮腫)
エベレスト 遺体
1998年に夫のセルゲイとともにエベレストに登っていたが、はぐれてしまい、互いに探し回ったが、再会はかなわなかった。ふたりの登山者に発見されたとき、フランシスはまだ生きていた。彼女は置いていかないでくれと頼んだが、ふたりにはどうすることもできなかった。フランシスとセルゲイは共に遺体で見つかった(セルゲイは1年後に発見された。おそらくは滑落死と思われる)。

3・ハネロア・シュマッツ(死因:低体温症、疲労)
エベレスト 遺体
1979年に低体温症と疲労で亡くなったドイツ人クライマー。彼女はエベレストで死んだ最初の女性となった。ザックに寄りかかって休憩していたと思われ、このような変わった形に体が支えられた遺体が見つかった。エベレストでは、休憩中に亡くなることはよくあるようだ。眠りに落ちて、そのまま二度と目覚めなかったのだ。

4・ツワング・パルジャー(死因:低体温症)
エベレスト 遺体
1996年に遭難死した。下山中にブリザードに巻き込まれ、低体温症で亡くなった。彼の遺体はグリーンブーツとして知られ、おそらくエベレストでもっとも有名な遺体。

5・マルコ・リーテネカー(死因:低体温症、疲労)
エベレスト 遺体
スロヴェニア人のリーテネカーは、2005年下山中に亡くなった。最後に生きている姿を目撃されたとき、酸素マスクにトラブルをかかえていたという。遺体は8800メートル地点で見つかった。

6・デイヴィッド・シャープ(死因:低体温症、疲労)
エベレスト 遺体
イギリスのクライマー。2006年にグリーンブーツの遺体近くで休んでいる間に凍死。これ以上登頂できなくなった。物議をかもしているのは、30人以上の登山者が登頂途中で彼のそばを通り過ぎ、まだ彼が生きていたことに気づいていることだ。

声をかけた者すらいるが、エベレストにおいて、ほかの者の命を救うためにできることはほとんどないといっていい。他人を助けようとした結果、自分が死んでしまう可能性があるからだ。

7・スリヤ・シャー=クロルファイン(死因:疲労)
エベレスト 遺体
2012年に登頂に成功し、25分間頂上で快挙を祝った後、下山し始めた。最後は酸素不足で、極度の疲労から亡くなった。遺体は頂上から300メートル下で、カナダの国旗がかけられた状態で見つかった。

【あわせて読みたい!カラパイアおすすめ記事】
1・彼らは確実に生きていた。悲劇にあう直前に撮影された最後の写真
2・登りたい・・・天に続く無限階段
3・断崖絶壁すぎる、中国崋山死の登山道